会長挨拶

 町田市私立幼稚園協会 会長 小山貴好

幼児教育の場として、子どもたちが教育を受ける環境を整えているのが幼稚園です。そのためには遊戯室であったり、遊ぶ空間として子どもたちが育つ場を備えています。幼稚園の主な役割として集団教育があり、クラスを受け持つ担任が主体となって子どもとのコミュニケーションや教育を行っています。小学校を意識した教育から、より小学校への接続が必要とされるようになり小学校の授業に入りやすくなるような教育を幼稚園では取り入れています。幼稚園の教育は小学校へ行っても比較的馴染みやすいといえます。延長保育や預かり保育などを実施する園も増え、共働き夫婦や長期休みの間にも子どもたちを預かることができる受け皿もも整いつつあります。幼稚園は教育が自主性なので、運動や音楽、造形制作に力を入れるなどさまざまな特徴や教育方針があり、そこで園選びの中に生活の場があり、教育の場がある。そのスタイルをパンフレット等で調べ、気になる園は見学会や説明会等に実際に足を運んでみて参考にされてはいかがでしょうか。